ころころころね!

思ったこと感じたこと、ためになるかもしれないことを書いていくブログ。

内定がなくても諦めないで!あなたが卒業までに取るべき行動

 

f:id:coro56ne:20161009224959j:plain

 

今年も10月に入り、今年もあと2ヶ月になりました。

この時期ですと、今年の就活生のほとんどが内定をもらって卒研に励んでいることでしょう。しかし、今でも内定が出ずに苦労している学生はまだまだいるのが現状。

就活を始める前から準備で忙しいのに、内定をもらうまでに時間がかかるので、就職活動はとても大変です。そんな大変な思いをしたのに内定をもらえなければ誰でもショックを受けますし、

「もうあきらめよう」「留年して来年頑張ろう」「もうフリーターでいいや」 などと、やる気そがれてしまう就活生も少なくありません。

 

でも、新規学卒一括採用を取り入れている日本で既卒の就活はとても困難です。そのような決断をしてしまったら大学卒業後の将来がとても不安定なものになりかねません。

実際、卒業までにおよそ4ヵ月あるのに諦めるのはまだ早いです。それまではまだ就活を行うことができるのでチャンスはあります。

 

そこで、まだ内定をもらっていないあなたがすべき行動を紹介していきます。 

 

募集している企業を探す 

 

内定を辞退した就活生の枠が余っていたり、10月だからといって、まだまだ募集している企業はあるはずです。必死に探してみましょう。

志望している業種などは残念ながら見つからない可能性はありますが、残りの時間では内定をもらうことに力を発揮するようにしましょう。

 

大学のキャリアセンターを利用する

 

大学のキャリアセンターに通い、まだ残っている紹介のも手です。

よく「キャリアセンターの職員の就活指導は頼りない」などと聞きますが、この際キャリアセンターを頼ってでも企業を探すべきです。

変な意地を持たず、キャリアセンターの人と相談してチャンスを広げましょう。

 

就活サービスを徹底的に利用する

 

王道なのが「リクナビ」「マイナビ」でしょう。むしろ、これらを利用しない手はありません。

調べてみて「いいな」と思った企業には 3~4社だけのエントリーだと ESが通らなかったときむなしいだけですので、募集している企業すべてに思い切ってエントリーをしてみましょう。 

 

募集していない企業にも連絡を入れてみる

 

「募集していない企業には応募してはいけない」と思っていませんか?

 勇気がいることですが、募集していない企業に自主的に連絡を入れ内定をもらう就活生も存在します。

むしろそういった自主性を買われる可能性もありますから、やってみる価値はあるかもしれません。

ただ、募集していて締め切った後の企業に連絡をいれても「なんで最初にエントリーしなかったの?」となるだけですので、最初から募集していなかった企業を探しましょう。

 


スポンサーリンク

 

 

仕事内容にこだわらない

 

「私はこの仕事はしたくない」「俺はこんな仕事じゃないといやだ」など、どうしても仕事をえり好みしたくなる気持ちはわかりますが、募集している企業が減ってきている中でそうも言っていられません。

むしろ、新入社員が志望していた企業に入ってもやりたい仕事をやらせてもらえることなどほとんどないと思ったほうが良いでしょう。

 

多くの学生が避けたがる営業職などでも、慣れていけば自分のスキルとして役立つ時がくるはずです。仕事内容にえり好みせず、「自分のスキルアップのため」に苦手なことを仕事にすることも考えてみてはいかがでしょうか。

 

最後に

 

11月からは冬採用といわれ、ラストチャンスになります。

実質卒業まで就活を続けることはできますが、募集している企業がなくなれば内定がなくても就活が終了する形になります。

最後まで諦めずに全力を尽くして行動を起こすことが、内定への近道になることでしょう。 残りの時間をゴールのために頑張ってくださいね。