ころころころね!

思ったこと感じたこと、ためになるかもしれないことを書いていくブログ。

大学は卒業できてこそ意味があると思ったこと

 

f:id:coro56ne:20160923231043j:plain

 

少し前に注目を集めていた、こちらの記事を読ませていただきました。

 

www.ishidanohanashi.com

 

11月には起業予定ということで、彼の意気込みや熱意によって最初は反対していた彼の両親も応援してくれるようになり、それに向かって努力をされているんだなと思いました。起業や大学中退のリスクは大変大きいですが、それに挑戦していく精神はすごいと思う。 

 

ただ、これに対して批判があるのは仕方ないですよね。彼の記事のコメント欄には当然ながらの反応がずらり。

 

私の意見として、大学生活というレールに乗った人生が嫌だから起業するというのはどうなのだろう。それも、成功すればの別の話なんですが。

それに、中退するために起業を決めたみたいでおかしい気がする。

 

 大学中退をするということ 

 

大学生活は卒業までに前に何十人かは必ずやめてしまうのが現状。私の周りにもいつの間にか見なくなって、後になって退学していたと耳にしたということがありました。

経済的事情により通いたくても大学を辞めざるを得ない人もいますが、ただ単につまらなくて辞めてしまう人もいます。最初にかかった学費もなかなか大金です。

 有名な話ですが、ホリエモンさんが東大を中退して起業した話がありますね。せっかくの東大を辞めてしまっても結果的に成功して、彼なりの人生を歩んでいる。

けれど、ホリエモンだったからこそ成功したのかもしれない。

 

大学中退をするとなれば理由にもよりますが、両親を裏切る行為に等しいことになります。中退したその後は就活することとなると思いますが、中難しいといわれる中退者の就職は努力次第で正社員になれると思います。

ただ、経済的な理由以外で中退した場合だとすぐに会社も辞めてフリーターになる可能性も高いです。

また違う会社へ入社するまでのつなぎとしてのフリーターならいいと思いますが、ずるずる引きずって一生フリーターのままになってしまう人もいると思います。

フリーターの収入は時給にもよりますが、毎日働いても、どんなに頑張っても低いです。自分の生活費をかけながら、今までの学費をご両親に返していけるのでしょうか?

 


スポンサーリンク

 

 

 卒業してからという選択はなかった?

 

 大学生活は人生の夏休みと言われていますね。授業だけでなくサークルにバイト、その他に行動次第で様々な体験ができます。高校までとは違い、大学生活は自由に過ごせてとっても貴重。

人は考えが変わっていく生き物ですから、大学生活を過ごしているうちにも当然ながら変わってくると思います。もし今〇〇したくても、しばらくしたら全くその気がなくなったりすることは誰にでもありますよね。

 

夢を描くのは誰にでもできるけど、実現するのは簡単ではない。それに成功する人はすでに成功しています。

起業したら大学を辞める選択が当たり前になってしまっているのは学費や時間、忙しさの関係もあるかもしれないけど、起業を成功させるほどの実力があるのなら、卒業まで頑張ろうという気にはならないのでしょうか?

 

起業すれば一生安泰するとも限らず、いつ事業が破綻するかもわからないのに、いざというときの保険になる”大卒”という資格を蹴ってしまうのはとてももったいない。

レールに乗らない人生は夢があって素晴らしいと思いますが、大学を卒業してから起業するなどして就職しないという手もあります。

レールに乗るのは社会から見て常識のことで、大学は最後まで頑張って卒業してこそ意味があるんじゃないかなと個人の意見として思いました。

 

さいごに

 

起業に限らず、なにか大きいことを始めるなら早いほうがいいかもしれませんが、今後もそれだけで生きていけるのか・続けられるのかというのプランを立てて動くことは大事だと思います。

もし失敗しても若いうちは取り返しがつくかもしれないけど、後々後悔しないような人生を送っていってほしいと思います。彼の場合は本名かわかりませんが、顔を浸してしまっているので今後が心配です。

色々批判的なことを書いてしまいましたが、実際に行動を起こしている彼がすごいです。私は陰ながらひっそり応援していこうと思います。

 

文章力も語彙力のない記事ですが、読んでいただいてありがとうございました。