ころころころね

思ったこと感じたこと、ためになるかもしれないことを少ない語彙力で書いていくブログ。

これからタイピング上達したい人のために個人的に実践した方法と利用しているサービスを紹介

235689546a6ef330848c2e0e99b961c1-500x332

 

結構前ですが、大学生が学校に提出する手書きレポートを スマホの写メで提出しているというのが話題になってましたよね。

このようにPCを持たずスマホだけで十分という人の多くはフリック入力

しかし、社会に出て実務ではパソコンで行う業務が基本で フリック入力はできないのでタイピングができることに越したことはないでしょう。

後々PCを使わなければならないのなら練習しなきゃ!という方に
管理人が実践している方法や無料で使えるサービスを紹介していきます。



スポンサーリンク

 

 

スマホはキーボード入力で固定する

 

フリック入力からキーボード入力に縛る方法です。

PCと違い、指のポジショニングという基礎が身につかないのですがPCがなくても実践できる方法なので ローマ字入力に慣れることから始める点では大いに役立つ方法です。ちなみに、私はスマホにしてからもずっとキーボード入力だったのでフリック入力はしたことないです(;´`)

 

ただ、フリック入力とは違い両手で打つことが基本なので今まで片手操作だった人にはやりにくいところもあるかもしれません。ある程度慣れればPCに切り替えて練習しましょう。

 

サービスやゲームで楽しく練習

 

スマホのキーボード入力になれたら次はPCで練習しましょう。

ただメモ帳に打つだけでは楽しくないので管理人が実際に利用していたサービスやタイピングゲームを紹介しますね。

 

Ozawa-ken

 
無料のタイピングゲームです。
対戦ゲーム型で、与えられた文字を入力することで相手に攻撃できるシステム。

タイピングゲームという点だけでなく実写を利用したゲーム画面はなかなか面白みがあります。

楽しく上達したい方や興味があればやってみてはいかがでしょうか?

 

www.higopage.com

 

e-タイピング

 

ウェブ上でタイピングの練習ができるサービスを無料で提供しています。

ローマ字に限らず英字・数字入力の練習もできるので管理人は大変重宝しています。

単語のみや長文の練習、ビジネス・旅行といった場面に合わせた例文が多数用意されているので日本語や英語の勉強にもなります。

 

www.e-typing.ne.jp

 

速さより正確性が重要

 

キーボードで打つことに慣れてきたら速くなるようになりたいですよね。

でもなんとなく速く打てたほうが有利と思われがちですが ゆっくりでも正確に打てる人のほうが後々有利になります。

特に業務でPCを扱って、早く資料を仕上げたのに誤字だらけだったら結局やり直しに時間をかけてしまいますよね。

それに、速くてなお正確に打てる人って意外にも少数なので最初から速く打とうとせず、ひとつひとつ丁寧に打つことから心掛けていきましょう。

 

さいごに

 

あくまで個人的な方法ですが、いかがでしょうか?

フリック入力はマスターしているという人でも最初から速かったわけではなく毎日利用するスマホで毎日文字を入力していたからだと思います。

 

なにかを始めるとき、楽しみながら実践するというのは継続しやすいし、成長にもなると思いました。もしタイピングに自身がついたら タイピングの資格を受けてみるのも面白いかもしれません。