ころころころね

思ったこと感じたこと、ためになるかもしれないことを少ない語彙力で書いていくブログ。

「フランス人は10着しか服を持たない」を読んで意識していきたいことなど

 

「フランス人は10着しか持たない」という書籍は アメリカでベストセラーになり、テレビなどで取り上げられ注目されましたね。 

 

アメリカのカリフォルニア出身の著者のジェニファー・L・スコットさんが、フランスのパリへ交換留学した際に貴族の邸宅で暮らしてそこで感じたフランス人の贅沢をしなくても優雅に過ごせる生活の仕方やその素晴らしさを大いにつづっています。

この本を読み終えたので私も意識していきたいと思ったことなど今回書いていきます。

 

率直に思ったこと

 

読んでいて、マダムを始めフランス人の方は無駄に贅沢をしなくても優雅に過ごせる方法を熟知してされていると思いました。

ただこの生活をするにはやはり個人差というか、育ちの良さが一番関係してくるかもしれない。どんなに意識しても、贅沢ばかりしてた人がいきなり贅沢を辞めるという合わない生活を無理に続行することは難しいはず。

マダムのようなステキな女性は、元々育った家庭が良かったからこそ、今のマダムになったのだとしか思えない。

私もいきなり変えるのは難しいと思ったので、本の内容の中で自分なりに少しずつ意識していきたい点を取り上げました。

 

自分に似合う格好を知る

 

「フランス人は10着しか持たない」という題名ですからフランス人の多くはそれくらいしかもってないということ。もちろん、季節ごとに10着ということですよ。

それは少ないなーと思うのが日本人ですね。 私も10着なんて到底足りない、買っても服が足りないと嘆いています。

特に女性はトレンドファッションに惹かれる方が多いでしょうから意識したいうちにたくさん服を持つことになってしまう。物がないと不安になりやすいんですよね。

でもそのほとんどが1回着たか1度も着てないという実にもったいない買い物をしているわけです。「流行だから買ったけど似合わなかった」という理由がおそらく多いのではと思います。

 いらない服はフリマで売ることもできますが、一度購入してしまうと着てなくても中古扱いなので新品の値段で売れずに損することも多い。

 

逆に、フランス人の方は自分に似合う服を熟知していて服が少なくても着回しも十分にできるんですね。「自分のスタイル」を知ることで少ない服の中で おしゃれを楽しむことができるというのは理想的だと思いました。

私も自分に似合う服装を研究して、少ない服の中で満足できるようになりたい。

 
スポンサーリンク

 

 

体型を保つ工夫が生活に溢れている

 

「自分のスタイル」というのは体型にもあった服装をしているということ。

体型を気にしがちな日本人ですが、 自分の体型を気にしない、好きでいるということも フランス人の特徴ともいえるそうですね。

人の目を気にしないというのは違うかもしれませんが ポジティブになることは心を豊かにしますもんね。

体型を維持するためでもフランス人はジムに行ったりせず、 間食も普段はしないそうなんですね。

おやつを食べるにしても「身体にいいもの」を取り入れて モデルさんのような食生活をしているんです。スナック菓子なんて言語道断。

私には到底我慢できないおやつですが「身体にいいもの」に変えることは誰にでもできることなので今日からでも始められますね。

 

ミステリアスで沈黙が多いほうが良い

 

フランス人の方はあえてしゃべらないことで ミステリアスな雰囲気を醸し出しているそう。日本人は沈黙を極端に嫌うし他人に気をつかいがちですから、

私自身もなんだかんだ話題を持ち合わせていないので自分から話すことは少ないのですが、 逆に気品のあることであるならこれからも実践したいと思う。

ただ、ここは日本で社交辞令な社会。

あまりにだんまりだと「つまらない人」になってしまいそう。 大事なのは、おしとやかに話すことですね。

大声でハキハキ話すのはとてもいいことだけど 度がすぎるとはしたないイメージになりかねないので、あえてしゃべらずおしとやかに女性らしさを出すことで ”モテ” にもつながるんでしょうか。

 

さいごに

 

フランスといったらパリですね。
私もいつか旅行に行きたいと思っていて、この本に出会ったことでフランス人の素晴らしさを知ることができました。

今年の2月に待望の2作目が出たのを最近購入したので、読み終えましたらまた別の記事で書いていきますね。