ころころころね!

思ったこと感じたこと、ためになるかもしれないことを書いていくブログ。

就活から逃げることは悪いことではないと思ったこと

 

タイトルを見て「何言ってんの?」と思う人が多いかもしれません。(;´`)それでも興味があったら見ていただけると嬉しいです。

 ※起業を勧める内容ではないです

 

 

さて、多くの方は大学に通っていたら「就職する」というレールがあり、それから外れてしまうと周囲から反対されたり、心配されたりするのが当然ですよね。 

ある例ですと、最近ブームになっているメイプル超合金のカズレーザーさんが大手銀行から内定をもらったのに蹴ってしまった、というのが有名ですよね。

本人はある番組で「働きたくないから芸人になった」という風におっしゃっていましたが、元々頭が良いうえに、現に芸能人としてちゃんと稼いでいるので銀行員でなくともとてもいい結果になっています。

 

カズレーザーさんに限りませんが、就活間直になると「自分はみんなと違う」と就活をしない生き方を目指すようになる大学生が増えるんですね。

ただ、言い方を悪くすると「就活から逃げた」という風にもなってしまいます。大金を払って大学に行ったのに就職するのが普通と思われるのですから、周囲からそう思われても仕方ないんですね。

「就活しない宣言」をしたことで、就活を一生懸命に頑張って企業から内定をもらった身近な友人が敵に回った、という例も聞いたことがあります。それだけ新卒を無駄にする行為はとても危険ともいえるんでしょうね。

 


スポンサーリンク

 

  

ここまでとてもグサグサ言っていますが、カズレーザーさんが内定を蹴って「もったいない」という人は今ではあまりいないと思います。だって、彼は芸人として売れる成功者になったからです。 

 就活から逃げてもいいのは企業に勤めなくても、自分で稼げる能力を身に着けている人だと思います。もちろん、それ以外の人は就職したほうが今後のためです。

 

道のりとしては厳しいかもしれないけど、ネットビジネスなどで多くの方が成功していますから、それだけ努力して諦めなければ道が開けるのかなと勝手に思ってしまいました。

でも結果的に個人の自由ですから、後悔しないようにしっかり将来を見据えて行動することが大事ですよ!

 

見ていただきありがとうございました。

 

p.s 企業に勤めているサラリーマンはかっこいい