ころころころね!

思ったこと感じたこと、ためになるかもしれないことを書いていくブログ。

公務員試験に落ちてしまった場合、これからどうすべきか

 

f:id:coro56ne:20160917012832j:plain

 

毎年多くの人が公務員試験に臨む中、残念ながら落ちてしまう人はたくさんいらっしゃいます。公務員は民間に比べチャンスが少ないために、落ちてしまったらまた来年に向けて挑戦しなければなりません。

 中には「公務員に落ちたら終わり」などという方がいますが、そんなことはありません。ただし、そのあとにどのように過ごすかであったり、絶対に公務員しか考えていない人は、その危険性があるということです。

 

 いきなり暗い話になってしまいましたが、希望を落とすのはまだまだ早いです。公務員試験に落ちてしまったらどうしたらいいかを主に大学生向けの内容で書かせていただきます。

 


スポンサーリンク

 

 

民間企業に切り替える

 

 新卒を無駄にしないためにも無難な道だと思います。公務員試験が終わってもまだ募集している企業さんはありますので、やる気がある限り就職にありつける可能性はあります。

一旦就職してから公務員を目指すことも可能ですので頑張ってみる価値はあると思います。 

ただし、次も公務員を目指すという場合、就業時間で勉強を思うように勧めることが難しくなります。民間で働きながら公務員に合格した人も多くいらっしゃいますが、あまり効率がいいともいえません。

 

正社員以外で働きながら勉強する

 

在学中、民間企業への就活をせずに卒業してからアルバイトや契約社員、臨時職員として働く選択ですね。公務員志望の方に最も多い選択でしょう。

正社員に比べて時間も融通が利く場合が多いので、勉強時間も確保できると思われます。また、職場によっては社会経験となり、またコミュニケーションが鍛えられて次の公務員の面接でも有利になりやすいと思います。

 

 ただし、本当に公務員に合格出来るのであればいい選択なのですが、ダメだった場合には何度もこの生活をズルズル続けてしまう可能性が高いです。

何年(何歳)まで挑戦するかをあらかじめ決めておき、それでもだめならば諦めて就活を行うなど、けじめをつけておくことが大事だと思います。 

 

留年

 

公務員に落ちて留年というのはあまり聞きませんが、こちらは在学中に民間企業への就活に切り替えたものの内定をもらえなかった場合の方法かもしれません。

ただ、留年するならば学費もその分かかりますし、その費用を出すのはご両親のはずです。留年しても結果が出なかった場合には学費が無駄になってしまうので、良い選択ではないと思います。

次も公務員を目指す人は留年をせずに卒業して社会経験を積んだ方がいいかもしれません。

 

 

絶対やめたほうがいい選択

 

 あまりないと思いますが、次の公務員に向けて卒業しても働かずに勉強一本という選択は絶対避けたほうが良いです。この場合ですと、筆記試験に合格できても、二次試験につまずく可能性が高いからです。また、最もニートになる可能性が高いルートともいえます。 

 

最近の傾向ですと、公務員に合格するには第二次試験の面接が最も重要視されており、コミュニケーション能力が最も問われいるため、勉強ができるだけでは合格ができなくなっています。

特に事務職でしたら窓口業務など人と関わることが多い仕事なので、ある程度のコミュ力がないと難しいというところだと思います。(事務職に限った話ではないですが)

 

卒業しても職につかなかった場合、履歴書を空白にしてしまうどころか社会経験を得ていないので、面接で学生と差をつけることができません。

勉強一本で頑張るという方法は少なくとも、コミュニケーションに自信がはあって勉強時間が足りない場合には有効かもしれません。しかし、公務員志望のほとんど方はそうでないと思います。

アルバイトでもいいので働きながら勉強し、職場の人コミュニケーションをとることをおすすめします。

 

 仕事は公務員だけではないということ

 

公務員を受けられる年齢をすぎてしまって焦っている方もいらっしゃるとおもいますが、仕事は公務員だけではありません。

年齢的に正社員は難しいと思いますが、仕事内容や条件をえり好みせずに探せば仕事はたくさん存在します。難しいかもしれませんが、自分で仕事を作るという手もあります。

民間企業の就活が嫌で公務員を目指している人もいると思いますが、公務員も立派な就活です。

民間に比べチャンスが少ないので運任せなところもあるのです。どうか公務員だけに目線をとどまらせず、他にも選択肢があるので視野を広げていくこともお勧めします。

 

以上になりますが、あくまで個人的な意見が多いです。しっかり将来に向き合い、自分に合った選択を見つけることが大事です。希望を落とさず、次のステップへ頑張っていきましょう。