ころころ大学ライフ!

大学生の気になる情報を発信します

バイト経験のない大学生へ、周囲からの「バイトしないの?」には惑わされなくていい話

スポンサーリンク

 

 大学生になってからアルバイトを始める方も多いと思います。 

 自分で好きにお金が使える喜びは大きいものですよね。

 

ただ、世の中にはお金に困っていないために

大学生活で一度もアルバイトを経験しない人がいますし

「大学生はバイトするべき」という意見もよく聞くので

私の意見を交えて今回まとめてみました。  

 
スポンサーリンク

 

 

 

 

目次

 

ほとんどは遊ぶ目的でバイトをしている

 

 

アルバイトの目的は、はっきりいってしまえばほとんどがお小遣い稼ぎです。もちろん自力で学費や生活費を稼ぐためにバイトをしている学生もいます。

 

高校生であれば、多くは両親へ「社会経験がしたい」といってバイトを許可してもらうという人が多いとおもいますが、

 

本当の社会経験は、責任ある仕事を任される社会人になってからでないと分からないものです。

 

もちろん、バイトをしているうちに働くこと、お金を稼ぐの大変さや人脈が増えるなど、得られるものはあります。 

 

 

とはいえ、バイトをする理由はだいたい決まっていますが逆にしない人はどうでしょうか?

 

バイトをしない理由

 

大学生であれば、アルバイトは絶対するもの!と思われがちですが、中には卒業までに一度もアルバイトをしたことがない人もいます。

そういった人の特徴は、親からの支援があるからが大半。私の知り合いにもアルバイトをしたことがない人がいましたが、その人は成績が学年TOPでとても優秀。 

 

このように勉強が優先という考えの家庭であればお小遣いをもらえるでしょうし、奨学金からお小遣いをまかなっていたり、やりたいことがあって時間を無駄にしたくないなど理由は様々。

 

無駄遣いをしない人であればバイトをしなくても生活していける人もいるんですね。

  

  

バイトを推してくる人の心情

 

私の考えでは、「バイトはする必要がないのであればしないほうが良い」です。 

とはいえ、バイトをしなくてもいい環境だからこそしてないのであって、本当はやりたいことがあってしたくなくてもバイトをしなければならない人は多いのが現状。

 

そのため、「バイトしないの?」という言葉には、 羨ましい気持ちを含め、あなたはずるい!といった嫌味の意味がこもっています。

  

私にも同じような経験があり、一時期アルバイトをしていなかった時期に私も似たようなことを言われました。お小遣いをもらっているわけじゃないのに、言われたときは複雑な思いをしたものです。  

 

「うちはうち、よそはよそ」といった家庭の事情もあるのでバイトを勧められてもしない理由があれば特に気にする必要はないと思います。  

 

  

バイトしていない=就活に不利?

 
スポンサーリンク

 

これはよく検索されているキーワードですが、

 

結論からいうと必ずしも不利というわけではないと思います。

 

就活におけるアルバイトのアピールはマニュアル化されており、

面接官からは内心「またか」と思われることも多いもの。

 

アルバイトのことをアピールするのはいいのですが、

他の学生と違った点を挙げられない限りは必ずしも有利ということでもないんです。

 

 バイトは経験していない人であれば、その理由を挙げてサークルであったり、資格勉強であったり、自主的に続けていることなどが就活でアピールポイントにつながります。 

 

また、バイトをしない分の時間を有効に使い

様々な経験を積めばアピールポイントを作る材料にもなりますよ。

 

アルバイトをした方がいい人

 

「アルバイトをしないの?」  と言われても、

本人が特に困っていないのであれば大丈夫と書きました。

 

しかし、

勉強もしない資格勉強も考えてないサークルも入っていない

趣味がなく続けていることがないorお金のかかる趣味を持っている人

 

「なんでバイトしないの?」といわれるのは仕方ない話なのです。

 

 

また、

もしアルバイトをしない理由が「人と関わるのが苦手だから」という場合は、

ぜひアルバイトを経験したほうが良いかもしれません。

 

 

 

少なからずとも、アルバイトをしていた人に比べ

人馴れしていない人は面接などで苦労することも多いと思います。

 

大学生の今はいいかもしれませんが、

大学を卒業したら人との関わりが重要になってきます。

 

長く続けるつもりはなくとも、一度だけでも

短期などで接客業などを経験することをおすすめします。

 

 社会に出たらどうせ働かなければいけない

 
スポンサーリンク

 

 

学生がバイトしなければいけないという法律があるわけではなく、個人の自由。

 

大学生も学生なので勉強が義務にはなりますが、

小中高に比べ自由が断然高く、単位を取り終えたら暇な時間がたくさんできるので

 

大学生が世間では合法ニートと言われている理由の一つです。

  

将来社会に出たらどっちみち働かなくてはならないし、

アルバイトの時給は正社員に比べて低いことを皆さんは把握していると思います。

 (そうでもない仕事もあるけど)

 

「大学生のうちは勉強して資格を取ったり、将来的に大金を稼ぐ努力をしたほうがいい」ということを、社会人の方からお聞きしました。

 

 

さいごに

 

 

 最近では強制的な労働を強いるブラックバイトに対して、

大学生が訴訟したというニュースがありました。

 

 その学生は4ヵ月無休、残業代無しの労働で疲れ切って

まともに授業を受けられず、単位を1つも得られていないという残酷なもの。

 

学生であるはずが、漆黒バイト(笑)のせいで授業や勉強の時間を削られて、

高い学費を払っているのに卒業できなくなるなんていうのはとてももったいない!

 

バイトに対する考え方は様々ですが、

働き始めるのは必ずしも学生の時からではないということ。

 

 無理にバイトをせずとも、

奨学金でまかなったり、出世払いとしてご両親からお金を借りるという手もあるということを視野に入れてほしいと思います。

 

当記事に人気があったので続編的な記事です。

coro56corone.hatenablog.com

 


スポンサーリンク