ころころころね

思ったこと感じたこと、ためになるかもしれないことを少ない語彙力で書いていくブログ。

いらないものをメルカリに出品してみたけど、まったく売れない件について

 

こんにちわ、コロネです。

我が家は物に溢れていて、捨てるにももったいないので少しでもお金になればとメルカリに出品してみたんですね。

 

出品して一週間、なんとなく感づいてましたがまったく売れないんですね。笑えないやぁ( ´∀` ) 

 

今回出品したもの

 

特定されたくないので詳しく言えませんが漫画本などを出品しました。

そのほとんどが、何年も前に連載を終えたものです。

しかも、1冊か2冊で全巻セットではないんですよね。

 

お試しで読むにはいいかもしれないけど続きが見れないという もどかしさ。

 

価格設定にはすごく迷いましたが本の状態は悪くなかったのと、送料の面を考えて半額に設定しました。

 

 メルカリの魅力

 

いつもなら普通にリサイクルショップで買い取ってもらうのですが、商品1つに大して10円程度しか引き取ってもらえないんですよね。結構もったいない。

 

それでも、オークションなどで売るという考えが全くなかったのは、売るためとはいえ知らない人に住所などの個人情報を提示しなければならないというのに抵抗があったから。

 

今回、メルカリを利用しようと思ったのはらくらくメルカリ便という発送方法を知り「相手に住所を知られずに取引ができるようになったこと」に魅力を感じたからなんですね。

 

売れにくい物の特徴

 

売れにくいとか買われやすいとかは一概にして言えませんが

・あまりに使い古した物

・旬が過ぎている

・中古なのに値段設定が高すぎる

・ノーブランド

はやっぱりあまり売れないんじゃないかな、と思ってます。

 

商品の理由以外にも、取引相手の評価が良くなかったら売りたくない、買いたくないと思われますね。

 

フリマって難しい

 

フリマも一種のマーケティング、中古の私物をいかに買ってもらうかという工夫が足りないのかもしれない。

 

商品の写し方もいまいちな気がするんですよね。 売るためだけにでも、いいカメラを調達すべきなんでしょうか 。

 

試行錯誤してみて、もし売れた際は報告として状況などまとめてみますね。

 

 ではでは。